2016年05月13日

ローズマリー

嬉しい〜
娘が幼稚園でたくさんもらってきてくれた♪

20160513162105944.jpg
何に使おうかな〜
ハーブ大好き♪


ローズマリーには記憶力や集中力を高める作用があるとされ、強壮薬、刺激薬としても高い評価を受けてきました。精神を高揚させ、軽い鬱病を和らげる効果もあるといわれています。

また、ローズマリーは血管を強くし、血行をうながし、消化機能を高めることで新陳代謝を促進します。細胞の老化を防止する抗酸化作用があることから、「若返りのハーブ」とも呼ばれてきました。

その他にも、このハーブには次のような効能・効果があるといわれています。

ロスマリン酸を主成分としており、抗菌作用や抗ウイルス作用があります。花粉症の症状なども和らげてくれます。
ローズマリーのオイルはトリートメントとして使用することでフケ防止となり、頭皮の血液の流れを活性化して育毛にも効果があると信じられています。
抗痙攣作用もあり、気管支の痙攣をおさえて呼吸しやすくします。
リースやサシェにしてクローゼットなどに飾ると、防虫効果があるといわれています。
★注意★
高血圧の人や妊娠中の人は、使用に注意が必要です。

効能・効果まとめ

強壮、血液循環促進、消化促進、抗酸化、抗菌、発汗、収れん


ローズマリーの起源・由来

ローズマリーは地中海沿岸の原産で、今日では南ヨーロッパをはじめとして世界中の至るところで栽培され、愛されています。

人類とローズマリーとの関係は古く、古代エジプト時代の墓からその枝が発見されています。古代ギリシャにおいても、神に捧げる植物として重んじられていました。

中世のハンガリーでは、神経痛を患っていた女王がローズマリーを主成分とした薬を使用したところ病が治り、若さを取り戻して、隣国ポーランドの王子にプロポーズされたという逸話が残されています。

ローズマリーの学名はラテン語で「海のしずく」を意味し、これは青紫色の花がしずくのように見えたことが由来と言われています。

花言葉は「思い出」です。

ローズマリーの特徴

ローズマリーは、どちらかというと温暖で乾燥していて水はけのよい場所を好む、ガーデンでも人気のハーブです。地植えすればやがて大株になって、一年を通して楽しめます。

ローズマリーには様々な品種があり、まっすぐに伸びる立性のものもあれば、地を這うようなものや、その中間をいくものもあります。

枝は2年目くらいから木質化し、高さ2m前後まで生長します。松葉に似た葉は目の覚める刺激的な芳香を放ち、葉には揮発油が多く含まれています。

ローズマリーの葉を使って入れたハーブティーはツンと刺激的な香りで、頭がすっきりします。モーニングティーにもおすすめです。

また、強い香りを持つこのハーブは臭みの強いラム肉などの肉料理にも使用されます。アロマテラピーでもよく利用される精油の一つです。

だって
ありがとね!





posted by chinatsu at 16:25| 静岡 ☀| 産後・育児(長女) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。